夏にバイク乗るやつはバカ

※タイトル読んで怒らないでね…

 

古い人間なのでネットで個人情報(住んでるエリア)とか出したくなく、ツーリング記録を書きづらい現象。

ほんとはブログは他のネットアカウントと隔離して書くつもりだったけど、なんかもうTwitterと連動させてしまったし…アホなの?

 

まあ用事とか仕事とか梅雨とかでさほど乗れていないのも事実なのですが。未だ慣らし運転中!未だ片道100km走らず!

 

そんな中、こないだ某駅付近でイベントがあり、距離として70km程度だったのでツーリングがてら行ってきました。

だいたい朝8-12時くらいのお話。

結論から申し上げると熱中症不可避だわアレ。

 

間違いとして、ツーリングサポーターに頼り、下道で幹線道路を通ったこと。

ストップアンドゴーの連続、狙いすましたかのように止まる赤信号、渦巻く渋滞…

私はすり抜けは一切せず、一台のクルマのように振舞っていました。こえーじゃん、すり抜け。

ナビ上では2時間程度でしたが、休憩込みで4時間かかりましたよ…

 

装備はメッシュとはいえ長袖長ズボンプロテクター入り。頭は黒のZ-7。蒸されまくり。

周りを走るバイクのにーちゃんは半袖ばかりでしたね…。気持ちはわかる!でももみじおろしにはなりたくない!(長袖でもならないとは言ってない)

ケチってオールシーズン用を着ているので、夏なら夏用装備とか買った方がいいんだろうなあ。

 

そしてここでフルフェイスヘルメットを買ったこと、SR400を選んだことのデメリットに気付く。

・フルフェイスは水分補給しづらい!

・キックスタートは休憩の時またかけ直さないといけない!

このふたつが合体すると「休憩めんどくせーなー」となってしまうのです。やばい。

まあ、でも、乗ってる時は汗だくになってキックスタートするのはしんどいなあと思っても、喉元すぎるとやっぱりキックはロマンなんだよ…

ヘルメットはcorocoma兄貴のようにチューブなどで水分を取れる方法を考えるか、次はシステムヘルメットにします…。

渋滞で太陽とアスファルトと股下エンジンでグリルされてつくづく思ったのがタイトルの言葉です。

 

そんな死ぬ思いをしたので、帰り(17時頃)は高速で帰る!と思いました。

陽も落ちて風も吹き始め、朝よりは走りやすかったです。

慣らし運転だから高速は避けていたのですが、結論から言うと走れました。

下道ではまず使わない5速は4000回転でメーター読み時速80-90kmほど。左をゆっくり走る分には十分です。

ただ身体に受ける風がすげーって思ったのと、単気筒4000回転の振動がなかなか響く。エンジン音は風切り音であんまり聴こえませんでした。

 

色々学ぶことがあった今回のツーリングでした。

私も「どこか行くためにバイクに乗る」んじゃなく、「バイクに乗る口実としてどっか行く」方かなあと思いました。乗ってる分には楽しいです。