ゆるキャン△に浸かった3ヶ月(前編)

私とゆるキャンの出会いは、確か5月末でした(流自語)

酒とメシを用意して、Amazonビデオでアニメを1クール通して視聴する、健全なプレイを楽しんでいたのです。

けいおん、ろんぐらいだぁす、ばくおん…と観てきて、次にゆるキャンにしました。

けいおんにアホほどハマった(2016年に)のに比べたら、第一印象は「音楽が素晴らしい。内容も普通に良い」くらいだったと思います。

以下はそんなくらいの流れから。

 

 

 

2018/9/16

イオン熱田にて開催されていた「富士の国 やまなしフェア」でのスペシャルイベントとして、亜咲花さんと佐々木恵梨さんが来るというので観に行く。

行くぶんにはそこまで大変でも遠くもないから、まあ行ってみっか、くらいの軽い気持ちです。

 

f:id:itk741:20181104200539j:plain

 

f:id:itk741:20181104200530j:plain

終わった後のステージ。見切れてる帽子のお兄さんが中村ヒロさんです。

座席100に対して300人くらいいたんじゃないかなあ。

吹き抜けのホールでやっていたので、立ち見と、2階3階もいたみたいです。自分は立ち見。

「走らずに!」って言われたのに皆さん猛ダッシュで座席確保して3秒で埋まったのには草も生えませんでしたが…

歌やトークは良かったですし、中村ヒロさんの生演奏が聴けたのが良かった。すごかった。

イベント上、あくまで「ゆるキャンを絡めつつ山梨PR」って感じでした。

やまなしフェアでワインと鳥モツ煮と信玄餅を買って帰りました。お酒試飲しまくった。

 

 

 

2018/10/7

「秘密結社ブランケット 入団説明会」のライブビューイングに行く。昼の部。

f:id:itk741:20181104201142j:plain

正直声優さんのイベントとかそこまでは興味が無かったけど、「行けるなら行っとこうかな」と抽選申し込んだら当たってしまって、しかも前方ど真ん中のS席を引く始末。

終わってみたら大満足で行ってよかった!取れてよかった!

内容は進行を無視して声優陣が暴走するのでとにかく笑い疲れました。

トークの時は割とちゃんとしてたのに、アクティビティが始まったら暴走が…

タラ鍋と豚まんホットサンドを作れ!と言われてるのにインスタントボルシチを作り出したり…「なんか飲んでる」時にダバダーって歌って何のことか分かる人アラサー以上だけなんじゃないの!?

ガチっぽいカメラを「出演声優さんが」構えて、出演陣唯一の男性の「進行の声優さん」をドアップにし始めたり…

かと思えば終わりの方の歌を聴いてたら(一ヶ月前に生で聴いていたのに)なんか涙が出てきたし、からのサプライズ発表でもう感情が追いつかない。

 

たんじゅんに「泣いた」だけでも入れ込み具合が深まったとすいそくされます。

あとこの2つの間くらいでバイクの教習を申し込んでました。

決断要因の割と大部分がゆるキャン、志摩リンであることは否定できない。

 

そして更に一ヶ月後…は記事を分けます。別記事にて。